飲食店を営んでいるならPOSを導入しておこう

歯医者

患者の信頼を得るために

歯科クリニックをオープンさせるときに最も効果が高い宣伝方法は内覧会です。地域の方に開業することと院長の治療への姿勢などを知ってもらい、治療が必要になったときに数ある歯科医院の中から選んでもらいます。ですから、業者にプロデュースを頼むときは来場者の理解が深まるような内容にしてもらうことが大事です。

アメニティ

可愛いだけでない価値

アメニティグッズはホテルや雑誌、イベントの記念品など様々な用途で使われます。どんなアメニティが喜ばれるかは受け取る人の人生観が描けるかどうかによって決まります。これからビジネスを狙う人にとっては営業とリサーチを徹底的に磨けばチャンスがあるでしょう。

お店の経営を効率化する

店舗

発注と売上を同時管理

回転寿司店などのセルフサービス系の飲食店に行くと、時折、テーブルにタッチパネルが設置してあるのを目にすることがあります。このパネルにはメニューが表示されており、食べたいものを選んでパネルを操作すると自動的にオーダーが厨房に伝わる仕組みになっています。このようなシステムをオーダーエントリーシステムといいますが、多くの飲食店においてはこれをPOSシステムと組み合わせることで、発注管理だけでなく売上管理にも活用しています。POSは、商品やサービスの売上が発生した都度そのデータを収録し、自動管理するシステムです。データの収録方法は先に挙げたタッチパネルに限らず、フロア担当者が端末を携帯して手入力したり、メニューに記載されたバーコードを読み取ったりといったいくつかの方法があります。オーダーエントリーシステムによって収録されたデータは、POSレジと呼ばれるレジで管理されます。POSには集計機能が備わっており、日ごと・週ごと・月ごと、あるいはメニューごとなど、さまざまな角度から売上状況を可視化することができます。そのため、メニューの入れ替えや食材の仕入れ、価格設定、販促キャンペーンの実施など、飲食店にとって非常に重要な経営判断を行う際の参考とすることができます。加えて、テーブルごとの売上高や客単価などを比較対照することも可能です。こうしたデータは、飲食店内におけるレイアウトの工夫などに生かすことができます。